バラ原油高騰対策技術開発試験

バラ原油高騰対策技術開発試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所企画環境部・農業研究部
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜22
年度2010
概要目的:バラ栽培は暖房温度が18℃と高く、燃料費が経営費の20%以上を占めている。そこで、低温伸長性台木を選抜し、燃料費を約50%削減し、農業経営の安定化を図る。 成果:接木苗及び自根苗を、異なる温度管理で調査した結果、同一温度では接ぎ木を用いると切り花本数が多くなり、温度を下げると切り花長が長くなった。13℃で栽培すると茎にやや赤みを帯び、花弁の黒ずみなど品質が低下したため、温度を15℃としたところ改善された。また、県内市場価格から売り上げを試算すると、暖房燃料は48%減、経費は燃料低減分の1/3程度であった。
研究分担花き研究指導室、企画調整室
予算区分受託 (独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173110
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat