4県連携によるネギ類ウィルス病の防除技術の確立

4県連携によるネギ類ウィルス病の防除技術の確立

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所企画環境部・農業研究部
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜24
年度2010
概要目的:最近、香川県・高知県に侵入し、ネギ類に大きな被害をもたらしているアイリスイエロースポットウイルスによる病害被害を防止するため、四国4県が協定し効率的に防除技術を確立する。 成果:DAS-ELISA法による多頭検定でのIYSV検出では、吸光値から保毒虫数を推定することは困難であったが、推定混入保毒虫数が約2頭の場合、500頭の集団まで検出が可能であった。また、粘着トラップ捕捉虫からのIYSV検出は、冬期の温室内では7日目まで検出可能であった。ネギではアドマイヤー顆粒水和剤、アグロスリン乳剤、オンコルMC、ニラではアグロスリン乳剤、オンコルMCが、所内の系統に対しては高い防除効果を示した。
研究分担病理昆虫室
予算区分受託(地方公共団体)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173116
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat