採卵鶏の卵殻質改善による収益性向上試験

採卵鶏の卵殻質改善による収益性向上試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所畜産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜24
年度2010
概要目的:近年、消費者の食の安全・安心を求める声が高まり、高性能な自動ひび卵検知機が導入され、ひび卵率が上昇し、農家収益が低下している。県内に多い中小規模農家では強制換羽等により改善を図っているが、効果は小さく、また、家畜福祉の観点から強制換羽は使えなくなるため、新たな卵殻質改善技術の確立が急務である。そこで、本研究では、水産系未利用資源、飼料添加物や飼料原料の検討し、卵殻質改善技術を確立し、農家収益の向上及び経営の安定を図る。、成果:採卵鶏4鶏種に対して、飼料添加物の給与試験を実施しており、随時、生産性、卵殻質調査を実施する。
研究分担養鶏
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173169
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat