ブルースター立枯症の原因究明と防除技術の開発

ブルースター立枯症の原因究明と防除技術の開発

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要目的:有望花きブルースターでは立枯性病害の発生が徐々に増加し出荷量が減少しており、市場からの出荷要請に応えきれない状況となっている。そこで、立枯症の原因を明らかにし、防除対策を確立する。 成果:1)Pytophyhora palmivoraが立枯症の原因であることを明らかにした。 2)本病に対して、ダゾメット粉粒剤などの土壌くん蒸剤および還元土壌消毒の防除効果が高く、また、エキナイン顆粒水和剤およびリドミルMZ水和剤の灌注処理の防除効果も高かった。 3)各防除技術を組み合わせた防除体系を現地ほ場で効果を実証した。 
研究分担病理担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173241
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat