野菜の系統適応性検定試験

野菜の系統適応性検定試験

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S42〜
年度2010
概要目的:独立行政法人野菜・茶業研究所で育成された野菜の新しい系統について、本県の一般的な作型における適応性を検定する。あわせて、育種情報を得るとともに、育種素材を検索する。 成果:1)台木系統「安濃交6号」は、標準品種(‘台太郎’、‘耐病VF’)や参考品種(「ヒラナス」)と比べて、収穫開始は同じで、総収量は最も少なく、A品果率も低かった。 2)総収量は、‘竜馬’が最も多く、次いで「安濃交7号」で、‘千両2号’が最も少なかった。A品果率は「安濃交7号」は、‘千両2号’や‘竜馬’と同等であった。
研究分担園芸育種担当
予算区分指定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173250
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat