低コスト育林技術の開発

低コスト育林技術の開発

県名高知県
研究機関名高知県立森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2010
概要目的:「育苗〜下刈り」の経費の低減と造林木の形質についての評価と総コスト評価及びシカ被害防除の実証を行う。 成果:(1)普通苗と中苗において1,500本/haの人工数は3,000本/haの56%、57%で、植栽本数が半分になっても苗木の間隔が広がるため人工数は半分にならなかった。1,500本/haの植栽密度で苗木が大きくなるほど人工数は増加した。(2)架線を利用して苗木運搬を行った場合の植栽人工数は9.0人/haと苗木を人力で運搬した場合の60%程度と推定され、育林コストの低減化に有効である推察される。(2)下刈りを削減した林分の生長を調査した結果、下刈りを全く行わないと造林木は生立本数を大きく減らして成林は困難になるが、1回以上の下刈りを行えば造林木は十分な成長を行うと考えられた。(3)ヒノキ1年生苗木へのニホンジカ食害防除効果について試験を行った結果、電気牧柵およびネット柵区ではシカ害が確認されなかった。(4)電気柵とネット柵を用いて植生被害回復効果について試験を行った結果、シカの嗜好性が無いタケニグサを除いて比較すると電気柵、ネット柵区共に植被率の増加がみられた。また、電気柵区とネット柵区との間には期間を通して植被率に有意な差がなかった。(5)スギ・ヒノキ林のシカによる剥皮(角擦り)害について調査を行った結果、15〜56年生までのヒノキ人工林の傾斜が30°以下の林分で被害の発生が有意にみられた。スギ高齢林(傾斜31〜39°)では被害がみられず、ヒノキ高齢林では傾斜25°以下の林分のほとんどで被害がみられ、傾斜25°以上の林分では被害がみられなかった。角擦りによる剥皮害は傾斜30°以下の林分において特に注意し対策を講じる必要があるものと考えられる。
研究分担森 林 経営課
予算区分県 単受 託 (独法)受 託 (民間)
業績(1)低コスト育林技術の開発 (ニホンジカ食害防除試験)
(2)低コスト育林技術の開発 (植栽功程調査)
(3)低コスト育林技術の開発
(4)低コスト育林技術の開発 (ニホンジカ食害防除試験)
(5)低コスト育林技術の開発 (植栽功程調査)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173312
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat