沿岸水産資源の持続的利用の推進及び新漁場等の調査

沿岸水産資源の持続的利用の推進及び新漁場等の調査

県名高知県
研究機関名高知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜23
年度2010
概要 沿岸海域での漁船操業の効率化のため、漁業調査船「土佐海洋丸」に整備された漁労機器や観測機器を活用し、既存沈設魚礁の位置情報や海底地形等を再整理し、関係漁業者等への情報提供を行った。また、沿岸底魚資源の持続的利用のため、小型エビ類を中心に漁業資源学的調査を行う。、1)沿岸の沈設型魚礁の設置位置および設置状況を立体的に把握する。、2)海底地形調査及び試験操業により、キンメダイ等深海性底魚類の漁場開発と利用促進を図る。、3)小型底曳き網による底棲生物(主として小型エビ類)の生物調査を行う。
研究分担漁業資源課
予算区分県単
業績(1)沿岸水産資源の持続的利用の推進及び新漁場等の調査 I底曳網調査
(2)沿岸水産資源の持続的利用の推進及び新漁場等の調査 II沖合漁場調査
(3)沿岸水産資源の持続的利用の推進及び新漁場等の調査 III沈設魚礁調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173328
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat