早期開花結実技術を活用した果樹オリジナル品種の開発 1)DNAマーカー及び開花ホルモン等を活用したナシの早期選抜技術

早期開花結実技術を活用した果樹オリジナル品種の開発 1)DNAマーカー及び開花ホルモン等を活用したナシの早期選抜技術

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜24
年度2010
概要目的:成熟期が「幸水」より早い早生の赤ナシを早期に育成する。 成果:交雑6組合わせ由来の実生約2千個体をDNAマーカー解析し、早生性で赤ナシと推定される880個体を選抜した。また、花成ホルモン遺伝子の発現誘導性を示すナシ台木候補1系統を増殖し、一部を鉢上げした。さらに、花成ホルモンタンパク質の大腸菌発現系を確立し、検出用抗体を作製した。
研究分担バイオテクノロジー部
予算区分県単
業績(1)イチジク花成関連遺伝子の光周反応
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173372
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat