未利用資源を活用した発酵床豚舎管理技術の開発 1)発酵床豚舎に適した木質系未利用資源調製技術の確立

未利用資源を活用した発酵床豚舎管理技術の開発 1)発酵床豚舎に適した木質系未利用資源調製技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2010
概要目的:豚発酵床のオカクズ代替敷料として利用する剪定枝の低水分化技術を検討するとともに、これらを利用した豚肥育試験を実施し、臭気発生防止効果や疾病発生状況を調査する。 計画:(1)街路樹剪定枝の低水分化、(2)剪定枝粉砕処理物を敷料とした豚肥育試験、(3)肥育試験後の堆肥化特性試験 成果:通気性のある堆肥バッグに30日程度保管することで、水分がオカクズ並みの30%以下に低水分化する。また病原性微生物も検出されない。使用後の敷料を12週間堆肥化することで有機物が減少し、農地への還元が可能な資材となる。
研究分担畜産環境部
予算区分受託 (JST)
業績(1)Bacillus属微生物菌液散布による豚舎内低級脂肪酸の抑制効果
(2)街路樹剪定枝堆肥化物を敷設した発酵床養豚の臭気および肥育成績
(3)オカクズおよび街路樹剪定枝を粉砕、堆肥化した物を敷設した豚発酵床微生物叢の推移
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173441
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat