イチジクの生産安定技術の確立 2)防疫・省力・高品質機能を合わせ持つ革新的イチジク樹形の開発

イチジクの生産安定技術の確立 2)防疫・省力・高品質機能を合わせ持つ革新的イチジク樹形の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜22
年度2010
概要目的:イチジク「桝井ドーフィン」の一文字整枝は主幹が低いため春季に晩霜害を受けやすい。そこで本県が育成したイチジク台木品種「キバル」に接ぎ木した樹と自根樹について、晩霜害が発生した場合の被害程度を比較する。 成果:自根樹は晩霜の被害程度が大きく、芽が枯死するなどして結果枝が確保できずに収穫開始が遅れ、果重も小さくなって収量が激減した。一方、「キバル」を台木とすることで晩霜害が著しく軽減され、晩霜が発生しなかった場合と同等の収量が確保できた。
研究分担豊前分場
予算区分受託 (農林水産省)
業績(1)イチジク‘蓬莱柿’のH型整枝の作業性および果実生産性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173453
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat