中山間地における新形質米、特産野菜等を用いた安全・安心・高付加価値型栽培技術の開発

中山間地における新形質米、特産野菜等を用いた安全・安心・高付加価値型栽培技術の開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜22
年度2010
概要目的:近年、消費者のニーズが多様化し健康志向や食の安全・安心に対する関心が高まって  いる。そこで、夏季冷涼な気候条件を生かした特徴ある水稲の安全・安心な栽培技術  の開発を行い、付加価値の高い作物生産を通じ、中山間地農業の活性化に寄与する。 成果:  除草剤低減技術(米糠・除草機利用)の確立を行った。両区とも除草剤使用の区より劣った。特に除草機区では稲株の損傷により穂数減いよる収量減が問題であった。
研究分担山間稲作
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173611
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat