乳用後継メス牛の効率的生産技術の確立

乳用後継メス牛の効率的生産技術の確立

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2010
概要(1)泌乳牛の経膣採卵技術の検討と泌乳への影響の調査  経膣採卵の実施は、乳量に影響しないことが明らかとなった。引き続き効率的な卵子回収技術について検討している。 (2)少数卵子の体外受精技術の検討  媒精液に1VF110Sを利用すると受精卵作出率が向上する傾向が認められた。引き続き作出率向上技術について検討している。 (3)性判別受精卵の修復培養・凍結保存技術の検討  修復培養液への細胞賦活剤1%添加では明確な改善効果は認められなかったため、2%と0.5%添加で検討したところ、修復率は同等であったが、凍結・融解後の生存率は0.5%の方が高い傾向が見られた。  引き続き修復率向上技術等について検討している。
研究分担大家畜研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173765
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat