水稲病害虫に対するドリフト低減防除体系の確立

水稲病害虫に対するドリフト低減防除体系の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜H22
年度2010
概要目的:近年,各種薬剤に対して感受性が低下したウンカ類が発生し,坪枯れや媒介するウイルスによる被害が増加している。一方,本田期に広く使用される粉剤は,他の剤型に比べて飛散しやすく,ポジティブリスト制度の施行により使用が困難になりつつある。こレらの問題に対応した,周辺作物への飛散防止が可能で,各種薬剤に抵抗性を獲得したウンカ類に有効な防除体系の確立する。 成果:感受性が低下したウンカ類に対しては、箱施薬剤と潅注処理の組み合わせや混合箱粒剤の処理で被害を回避できる。また、微粒剤Fや粒剤がDL粉剤や水和剤に比べて効果が同等で、ドリフトが少なく、箱施薬剤との体系で使用可能であることを明らかにした。
研究分担生産環境・病害虫
予算区分都道府県単
業績(1)トビイロウンカとセジロウンカの幼虫を用いた微量局所法による薬剤感受性検定
(2)苗箱処理される3種薬剤の3種水稲ウンカ類に対する防除効果
(3)熊本県におけるイネ南方黒すじ萎縮病(仮称)の発生
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173807
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat