近紫外線除去フィルム等光利用による病害虫総合管理技術の再構築

近紫外線除去フィルム等光利用による病害虫総合管理技術の再構築

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜H23
年度2010
概要目的:近紫外線除去フィルムは,本県で問題となっているトマト黄化葉巻病,キュウリ黄化えそ病等のウイルスを媒介するコナジラミ類やアザミウマ類に対しても効果が高く普及が望まれている。しかし,近紫外線除去フィルムは有用昆虫に対する影響があり,普及の障害となっている。そこで,受粉昆虫や天敵昆虫の利用が可能な利用技術を開発し,昆虫媒介性ウイルスの発生によって活用が困難となったIPM体系を再構築する。
研究分担生産環境・病害虫
予算区分都道府県単
業績(1)施設キュウリでの近紫外線除去フィルムとスワルスキーカブリダニ併用によるミナミキイロアザミウマおよびタバココナジラミに対する防除効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat