藻場機能回復試験

藻場機能回復試験

県名熊本県
研究機関名熊本県水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要【 目的 】 本県海域における藻場の現状や機能を明らかにし、それぞれの海域に適する復元方法を検討することにより藻場機能回復に向けての一助とするとともに、生物生産や環境改善に対する藻場の効果についての基礎データの収集を行う。 【 成果 】 ・八代海のガラモ場において藻場を構成する海藻の種類や量、藻場の環境、出現生物を定期的に調査した。 ・芦北及び大矢野地先におけるアマモ場の環境、出現生物を定期的に調査し、餌生物としての小型甲殻類や、メバル・スズキ等水産有用生物の稚魚の生息を確認した。 ・アマモ種子を採取し、播種、苗による移植方法の試験を行った結果、移植後の生育を確認した。 ・天草西海域の黒島保護水面において藻場構成種等の経年変化等を調査し、データを蓄積した。
研究分担資源研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173891
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat