バラの低コスト栽培技術の確立

バラの低コスト栽培技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継続H21〜23
年度2010
概要バラの栽培では、近年の燃油高騰により冬期の暖房コストが上がっているため、経営コストの低減が喫緊の課題となっている。このため、重油使用量の低減を目的とした低温開花性品種の選定や、生産性の向上を目的とした整枝・剪定法の改善、密植栽培に取り組んだ。整枝方法では、冬春期の同化枝を強く折り曲げ(水平から60度)ても慣行(水平から30〜40度)と同等の採花本数、切り花品質を確保できることが明らかとなった。これによって裁植密度の増加による切り花1本あたりの生産コストの削減が見込まれる。
研究分担花き担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173961
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat