地球温暖化、畑かん利用に対応した加工用露地野菜類の環境負荷量調査

地球温暖化、畑かん利用に対応した加工用露地野菜類の環境負荷量調査

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜26
年度2010
概要主要5土壌のライシメーターを利用して露地野菜においてかん水量の違いが土壌養分の動態、地下への浸透量の調査を行い、環境保全型農業技術を確立する。
研究分担土壌環境部
予算区分県単
業績(1)ポット栽培きゅうりにおいて5要素の加除が汁液成分に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174099
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat