中山間地の立地条件を活かした果樹新栽培技術の開発

中山間地の立地条件を活かした果樹新栽培技術の開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H20〜24
年度2010
概要中山間地域の主要果樹であるクリの生産安定と省力化を可能にする本県に適した低樹高栽培技術を開発する。また中山間地で新たな産地化が期待できるカキ、ウメ、ブルーベリーでは、品種の選定と省力的で高品質な新栽培技術の開発を進める。 1 クリの結果母枝数の違いが収量に及ぼす影響 2 根域制限栽培におけるブルーべリー栽培の検討 3 カキのポット栽培技術の開発 4 カキ「太秋」のGAによる着果安定技術 5 ウメ「露茜」の品種特性
研究分担果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174152
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat