MUN(乳中尿素態窒素)を評価基準とした飼料コスト低減型飼養管理技術の開発

MUN(乳中尿素態窒素)を評価基準とした飼料コスト低減型飼養管理技術の開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H20〜22
年度2010
概要乳中尿素態窒素(MUN)濃度を評価基準として自給粗飼料や食品残さ等を活用した飼料コスト低減型の乳用牛飼養管理技術を開発する。 県内酪農家の自給飼料率を調査したところ、粗飼料自給率は28.5%であり、そのうち50%以上はトウモロコシを給与していた。  焼酎粕を添加した粗飼料サイレージの搾乳牛への給与試験は現在実施中である。
研究分担酪農飼料部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174219
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat