飼料作物及び牧草の適応性検定試験 (地域適応性検定)

飼料作物及び牧草の適応性検定試験 (地域適応性検定)

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間S39〜
年度2010
概要国及び指定研究機関で育成中の牧草及び飼料作物の品種系統について本県における適応性を検討する。 成果:イタリアンライグラスは、高消化性の新系統山系34号・35号を供試し、細茎にも拘わらず多収の特長を得た。兼用型ソルガムでは、東山交34号が標準品種より収量が多く、紫斑点病が少なかった。スーダン型ソルガムでは、今回の試験品種は収量で標準品種に及ばなかった。
研究分担酪農飼料部
予算区分国庫補助(農林水産省)
業績(1)イタリアンライグラス系統適応性検定試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174227
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat