サトウキビ畑を中心としたヤブガラシ類防除技術の確立

サトウキビ畑を中心としたヤブガラシ類防除技術の確立

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22-H26
年度2010
概要目的:ヤブガラシ類の発生生態の解明と有効な除草剤の探索をとおして、効果的な防除技術を開発する。 成果:根茎部の萌芽揃いが少なくとも2ヶ月以上にばらつくことや、種子発芽の斉一性もばらつくだけでなく、その様相も採取個体群によって異なるなど、興味深い知見が断片的ながら得られた。また、いくつかのスクリーニング試験の結果、土壌処理剤としアラクロール乳剤とIPC乳剤が、茎葉処理剤としグリホサートカリウム塩液剤など、数種の有望な除草剤が確認された。
研究分担作物班、名護支所、石垣支所
予算区分その他
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174434
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat