塩化アンモニウム肥料のサトウキビ施用試験

塩化アンモニウム肥料のサトウキビ施用試験

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継 H20〜23 
年度2010
概要目的:世界的に肥料需要の高まりが見られるが、サトウキビ栽培における窒素肥料の安定供給のため硫安の代替として塩安への移行が考えられる。そこで、塩安がサトウキビの収量品質へ及ぼす影響を検討する。 成果:サトウキビの株出し栽培における塩安施用は、国頭マージおよび島尻マージ、ジャーガルのいずれにおいても収量、品質に影響が無く、100%の代替が可能であると考えられる
研究分担土壌環境班 
予算区分受託 (沖縄県施肥防除合理化協議会/民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174450
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat