ミョウガの品種育成及び冬春期出荷技術の開発

ミョウガの品種育成及び冬春期出荷技術の開発

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19-23
年度2010
概要目的:本県におけるミョウガハウス栽培技術の確立。 計画:地中加温の効果及び植付け時期別の収量(花蕾数)と分げつ偽茎数の関係。 成果:地中加温をすることで収量(花蕾数)が多くなり分げつ偽茎数が減少する。また植付け時期が遅くなる(12月植え)とその効果が低い。
研究分担野菜花き班
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174481
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat