高バイオマス量サトウキビの沖縄北部における数年株出し栽培での生育および生産力評価

高バイオマス量サトウキビの沖縄北部における数年株出し栽培での生育および生産力評価

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜23
年度2010
概要目的:種属間交雑により作出したバイオマス生産力が高い系統について、現在まで選定した有望系統について沖縄北部地域における生産力を評価した。 成果:有望系統の生産力評価(春植)では、KY01-2043、KY01-2044、KY02-1543及びKY03-2211を選定した。育成系統の選抜試験(株出1回目)では、育成系統06GS-54、06GS-162、07GS-30、07GS-58、07GA-452を有望系統として評価した。有望系統の生産力評価(株出1回目)では、有望系統としてKY01-2043およびKY01-2044を選定した。育成系統KY01-2043およびKY01-2044は、糖度はやや低いが原料茎数が多いことから、製糖品種NiF8よりも全乾物重、原料茎重および全糖収量が多かった。有望系統の生産力評価(株出2回目)では、有望系統としてKY01-2044、02GS-1081を選定した。
研究分担名護支所作物園芸班
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174511
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat