マイクロアレイ法を用いたウイルス応答反応の解析と育種への応用

マイクロアレイ法を用いたウイルス応答反応の解析と育種への応用

課題番号2011017700
研究期間2007-2011
年度2011
中課題マイクロアレイ法を用いたウイルス応答反応の解析と育種への応用
摘要マイクロアレイを利用した9種イネウイルスの感染応答に関する網羅的データ解析により、RDVの強、中及び弱毒系統の解析からウイルス感染で誘導される植物体の萎縮や葉の白斑等の病徴と遺伝子発現の関係を解明した。宿主の防御応答は、JA合成系、シグナル伝達系を介した応答系がRGDVを除く3種レオウイルス間で共通して起動していた。また、イネ品種Utri MerahのTRSV抵抗性はイネのeIF4G遺伝子の変異によることを明らかにし、感受性イネ系統のeIF4G遺伝子をノックダウンした抵抗性イネ系統を作出した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Gene-Expression analysis of Cell-cycle regulation genes in virus-infected rice leaves
(2)Comparative transcriptome analysis of AP2/EREBP gene family under normal and hormone treatments, and under two drought stresses in NILs setup by Aday Selection and IR64
(3)Relationship between symptoms and gene expression induced by the infection of three strains of Rice dwarf virus
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174672
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat