ヤギを用いたメタスチンの作用メカニズムの解明

ヤギを用いたメタスチンの作用メカニズムの解明

課題番号2011017716
研究期間2007-2011
年度2011
中課題ヤギを用いたメタスチンの作用メカニズムの解明
摘要ヤギ脳組織でのin situ hybridization(ISH)法を確立した。その手法を用いて、ヤギ脳内では視索前野及び弓状核といった神経核に限局してメタスチンニューロン群が存在すること、それらの発現が性腺ステロイドホルモンにより制御されていることを明らかにした。弓状核メタスチンニュ−ロンは、メタスチンに加えニューロキニンB(NKB)及びダイノルフィン(Dyn)という2種類の神経ペプチド共発現していることを明らかにし、NKBとDynを介したネットワークを形成している可能性を示した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Morphological Evidence for Direct Interaction Between Kisspeptin and GnRH Neurons at the Median Eminence of the Male Goat: An Immunoelectron Microscopic Study.
(2)Ultrastructural Evidence of Kisspeptin-Gonadotrophin-Releasing Hormone Interaction in the Median Eminence of Female Rats: Implication of Axo-axonal Regulation of GnRH Release
(3)Effect of peripherally administered kisspeptin-10 on GnRH neurosecretion into the hypophyseal portal circulation in ovariectomized goat does
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174688
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat