N20発生の要因解析と微生物コミュニティーによるN20発生抑制技術の評価と実証

N20発生の要因解析と微生物コミュニティーによるN20発生抑制技術の評価と実証

課題番号2011017720
研究期間2007-2011
年度2011
中課題N20発生の要因解析と微生物コミュニティーによるN20発生抑制技術の評価と実証
摘要N2O発生型・除去型土壌の環境条件と微生物コミュニティ―の関係を明らかにした。野外での高精度なN2Oモニタリング技術を確立し、N2O還元活性の高いダイズ根粒菌のN2O削減効果を圃場レベルで実証した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Comparison among amoA primers suited for quantification and diversity analyses of ammonia-oxidizing bacteria in soil
(2)Clustering-Based Peak Alliginment Algorithm for Objective and Quantitative Analysis of DNA Fingerprinting Data
(3)Nitrogen cycling in rice paddy environments: Past achievements and future challenges
(4)セミナー室 土壌圏における窒素循環と微生物−N2Oの動態を中心として(3) 水田土壌で機能する脱窒微生物群の特定とN2O低減化への利用の可能性
(5)Quantitative analyses of ammonia-oxidizing archaea (AOA) and ammonia- oxidizing bacteria (AOB) in fields with different soil types.
(6)The effect of soil type and fertilizer management on Archaeal community in upland field soils Microbes and Environments
(7)シンポジウム記録 微生物ゲノムが拓く水産の新しい潮流 農業環境分野へのメタゲノム解析の展開
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174692
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat