新規生理活性物質の単離同定と作用機構の検証

新規生理活性物質の単離同定と作用機構の検証

課題番号2011017732
研究期間2008-2012
年度2011
中課題新規生理活性物質の単離同定と作用機構の検証
摘要(1)アレロケミカルの探索と新規生理活性物質の同定に関し、海外産の高活性アレロパシー植物からの新規アレロケミカルの単離・同定をした。(2)新規生理活性物質の作用機構の検証に関し、アレロケミカルを投入した植物のメタボロミクス解析とアレロケミカルを含む植物の利用法の開発(圃場試験の継続と雑草調査)をした。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Isolation of umbelliferone as a principal allelochemical from the Peruvian medicinal plant Diplostephium foliosissimum (Asteraceae)
(2)オニグルミのアレロパシー活性がニセアカシアの実生の初期生長に及ぼす効果
(3)Evaluation of the In Vivo Antioxidant Activity of Mucuna pruriens DC. var. utilis by Using Caenorhabditis elegans
(4)Screening of 170 Peruvian plant species for allelopathic activity by using the Sandwich Method
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174704
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat