レトロエレメントの解析と高度利用に向けた基盤技術の開発

レトロエレメントの解析と高度利用に向けた基盤技術の開発

課題番号2011017744
研究期間2008-2012
年度2011
中課題レトロエレメントの解析と高度利用に向けた基盤技術の開発
摘要牛内在性レトロウイルスK1(BERV-K1)の外被糖蛋白は胎盤の二核細胞で特異的に発現していた。ウシ、バリ牛、水牛のBERV-K1が子宮内膜細胞に対して細胞融合活性を有しており、BERV-K1は胎盤での三核細胞の形成に寄与しているものと推察された。BERV-477 Env蛋白には細胞融合能はなかった。RD-114ウイルスベクターは、ウシ子宮内膜細胞、ブタ腎由来細胞、ウマ腎由来細胞にMLV-Aベクターと同等以上の効率で外来遺伝子を導入することができた。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Presence of infectious RD-114 virus in a proportion of canine parvovirus isolates.
(2)Mapping of a neutralizing epitope in the surface envelope protein of porcine endogenous retrovirus subgroup B.
(3)No association of xenotropic murine leukemia virus-related virus with prostate cancer or chronic fatigue syndrome in Japan.
(4)Cloning and characterization of the antiviral activity of feline Tetherin/BST-2.
(5)Viral and cellular requirements for the budding of Feline Endogenous Retrovirus RD-114.
(6)Comparison of two quantitative assays for xenotropic murine leukemia virus-related virus.
(7)Canine ASCT1 and ASCT2 are functional receptors for RD-114 virus in dogs.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174716
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat