フラボノイドの探索と作用解析

フラボノイドの探索と作用解析

課題番号2011017750
研究期間2008-2012
年度2011
中課題フラボノイドの探索と作用解析
摘要新規な抗筋萎縮食品素材としてオオバギエキスを特許出願した。さらに、オオバギエキスに含まれるプレニル化ナリンゲニンの抗筋萎縮作用が筋肉組織への高い蓄積性によることを明らかにした。さらに、プレニル化フラボノイドの作用機構として抗炎症反応抑制作用とともにユビキチンリガーゼ蛋白発現量の低下や酸化ストレス抑制作用を見出した。一方、プレニル化の結合位置の重要性を解明するべく、結合位置の異なるプレニル化ケルセチンの合成に成功した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)イソフラボンと抗酸化活性評価
(2)Determination of subcellular localization of flavonol in cultured cells by laser scanning.
(3)Bioavailability issues of nonnutrient plant and fruit constituents
(4)Bioavailability of flavonols and flavones
(5)Pharmacology in health food: metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against artheriosclerosis
(6)Dietary flavonoids as cancer-preventive and therapeutic biofactors.
(7)Complications and managements of hyperphosphatemia in dialysis
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174722
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat