微生物由来の高機能性分子物性評価法の開発と構造活性相関の検討

微生物由来の高機能性分子物性評価法の開発と構造活性相関の検討

課題番号2011017756
研究期間2008-2012
年度2011
中課題微生物由来の高機能性分子物性評価法の開発と構造活性相関の検討
摘要真菌の多糖成分CAWSは、レクチン受容体に対する内因性のリガンドとの競合を認めた.ベニクスノキダケから,グルカン画分の調製に成功した.そのグルカンの構造は-1,3-グルカンが主要成分であった.活性型多糖の構造解析のため、高感度のdectin-1発現細胞を用いたレポータージーンアッセイを作製し、メシマコブβ-グルカンを検出するなど、実用性が認められた。BGRP-Fcの大量発現系を構築し、dectin-1-Fcタンパクの大量発現が可能になった。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Vasculitis and anaphylactoid shock in mice induced by the polysaccharide fraction secreted into culture supernatants by the fungus Candida metapsilosis
(2)Kjellmaniella crassifolia Miyabe (Gagome) Extract Modulates Intestinal and Systemic Immune Responses
(3)Partial Purification and Characterization of Polyphenoloxidase from Culinary-Medicinal Royal Sun Mushroom (the Himematsutake), Agaricus brasiliensis S. Wasser et al. (Agaricomycetideae)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174728
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat