ウイルスベクターを利用した原虫感染レセプター同定系の開発

ウイルスベクターを利用した原虫感染レセプター同定系の開発

課題番号2011017773
研究期間2008-2012
年度2011
中課題ウイルスベクターを利用した原虫感染レセプター同定系の開発
摘要原虫糖鎖レセプターの基礎的知見を基に、製剤シーズ候補を同定した。デキストラン硫酸に顕著なT.gondii増殖抑制効果を認めた。マラリア原虫の赤血球侵入を阻止する抗体を作製した。原虫プロテインキナーゼを標的とした原虫薬シーズについてT.gondii増殖抑制効果を認めた。原虫病糖鎖レセプターを同定し、原虫病感染阻害に6-O硫酸基が重要であることを明らかにした。またヘパリンが原虫膜抗原に結合すること、及び結合阻害を誘導する可能性を認めた。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)A new identified rhoptry protein from Toxoplasma gondii is associated with host heat shock protein.
(2)The study of Toxoplasma gondii RON4-binding molecules.
(3)Characterization of Toxoplasma gondii bradyzoite induction by Bumped Kinase Inhibitor.
(4)Characterization of Toxoplasma gondii PKA regulatory subunit.
(5)Identification of Toxoplasma gondii cAMP dependent protein kinase and its role in the tachyzoite growth.
(6)1NM-PP1 treatment of mice infected with Toxoplasma gondii.
(7)A novel PAN/apple domain-containing protein from Toxoplasma gondii: characterization and receptor identification.
(8)Equine herpesvirus 4: Recent advances using BAC technology.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174745
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat