精子幹細胞を用いた新しい家畜の遺伝子改変法の開発

精子幹細胞を用いた新しい家畜の遺伝子改変法の開発

課題番号2011017818
研究期間2009-2011
年度2011
中課題精子幹細胞を用いた新しい家畜の遺伝子改変法の開発
摘要遺伝子トラップ法により遺伝子破壊した細胞を、精巣に移植し交配させて、遺伝子破壊ラットの作製に成功した。ウサギ・ブタ精子幹細胞の樹立・長期培養法に向けて新規無血清培養法、精子幹細胞の増殖を促進するフィーダー細胞、精子幹細胞の高純度濃縮法を開発した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Dynamic changes in EPCAM expression during spermatogonial stem cell differentiation in the mouse testis.
(2)Homologous recombination in rat germline stem cells.
(3)Rac mediates mouse spermatogonial stem cell homing to germline niches by regulating transmigration through the blood-testis barrier.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174790
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat