微生物による脂質バランス栄養食品素材の生産

微生物による脂質バランス栄養食品素材の生産

課題番号2011017834
研究期間2010-2014
年度2011
中課題微生物による脂質バランス栄養食品素材の生産
摘要外来遺伝子Saprolegnia diclina Δ17不飽和化酵素を過剰発現することで、常温下でアラキドンサン生産株と同等の脂質生産性を示し、かつ総脂肪酸あたり40%がEPAである脂質を生産する形質転換体を創出した。ある種の乳酸菌がDHAやEPA、α-リノレン酸の2位の位置に水酸基を導入する活性があることを見出した。Mortierella alpina1S-4のオメガ3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子の植物Arabidopsis thalianaへの導入を行った。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Novel multi-component enzyme machinery in lactic acid bacteria catalyzing C=C double bond migration useful for conjugated fatty acid synthesis.
(2)油脂生産性糸状菌Mortierella alpinaによる機能性脂質生産
(3)代謝的視点からの機能探索に基づく産業プロセス用酵素開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174806
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat