スーパーゼニゴケの作出

スーパーゼニゴケの作出

課題番号2011017899
研究期間2007-2011
年度2011
中課題スーパーゼニゴケの作出
摘要エイコサノイドを生産するスーパーゼニゴケ作出のため、アラキドン酸からプロスタグランジンを合成する酵素であるシクロオキシゲナーゼの遺伝子をオゴノリからクローニングし、ゼニゴケで外来遺伝子を高発現させるプロモーター及びターミネーター配列のベクターを用いて、ゼニゴケに形質転換し、プロスタグランジン合成活性を示しプロスタグランジンF2(PGF2)を蓄積する形質転換体を得た。さらに、スーパーゼニゴケの粗抽出液を用いて、PGF2の生産量を約2,000倍に増産することに成功した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Cloning and expression of three lipoxygenase genes from liverwort, Marchantia polymorpha L., in Escherichia coli.
(2)Blue light enhances the accumulation of eicosapentaenoic acid in a liverwort, Marchantia polymorpha L.
(3)Cold-induced accumulation of ω-3 polyunsaturated fatty acid in a liverwort, Marchantia polymorpha L.
(4)Endogenous promoter, 5’-UTR and transcriptional terminator enhance transient gene expression in a liverwort Marchantia polymorpha L.
(5)Identification of a cyclooxygenase gene from the red alga Gracilaria vermiculophylla and bioconversion of arachidonic acid to PGF2α in engineered E. coli.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174871
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat