ヒトミルク関連オリゴ糖の利用技術

ヒトミルク関連オリゴ糖の利用技術

課題番号2011017966
研究期間2010-2012
年度2011
中課題ヒトミルク関連オリゴ糖の利用技術
摘要有望株の中から最終的にB. breve MCC-1320株に絞込み、グルコースを糖源とする菌の増殖性およびGLNBP活性の比較的に高い培養条件を確立した。しかし、この株はSPの活性が非常に低いため、高SP活性を発現する菌株を新たに選抜し、B. longum MCC-135株の培養条件を確立した。また、菌体の大量培養方法を確立した。LNBはビフィズス菌を増やすなどのプレバイオティクス性能を有し、マウスへのLNB投与実験により、ビフィズス菌の増殖促進を含め、菌叢改善作用を有することを確認した。
予算区分イノベーション創出事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174938
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat