希少糖の作物保護場面での用途開発

希少糖の作物保護場面での用途開発

課題番号2011017976
研究期間2011-2013
年度2011
中課題希少糖の作物保護場面での用途開発
摘要D-タガトースの効果的施用技術の開発のため、D-タガトース含量が0.8〜0.4%の濃度で著しく効果が向上し、コムギ赤さび病にも効果的な助剤を見出した。少水量散布では、キュウリべと病およびキュウリうどんこ病に対しては、散布液量が1/2〜1/4でも同等〜やや劣る効果を確認した。D-アロース・D-プシコースの効果的施用技術の開発のため、混合で効力が増強できる植物生長調節剤等として、1-アミノエチルりん酸、アミノメタンスルホン酸、ヒドロキシメタンスルホン酸を見出した。
予算区分イノベーション創出事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030174948
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat