水田の魚類育成機能を活用した水産業と農業が両立できる新たな魚類及び水稲栽培技術の開発

水田の魚類育成機能を活用した水産業と農業が両立できる新たな魚類及び水稲栽培技術の開発

課題番号2011018053
研究期間2009-2011
年度2011
中課題水田の魚類育成機能を活用した水産業と農業が両立できる新たな魚類及び水稲栽培技術の開発
摘要(1)水田の水深条件が種苗生産に及ぼす影響について再現性を確認するとともに、生産された稚魚を水田から流下させる最適な手法を明らかにして、その実用化を高めた。(2)生産された稚魚を水田から流下させる最適な手法を明らかにするとともに、水田の水深条件や施用する有機質資材の種類が種苗生産に及ぼす影響を明らかにして、その実用化を高めた。(3)田植え直後の水田へふ化仔魚の放養密度を変えて種苗生産を行った。
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)水田を活用したゲンゴロウブナ種苗生産技術
(2)日本水産学会誌
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175025
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat