稲・麦WCS、飼料用米を活用した発酵TMRによる牛乳の生産技術開発

稲・麦WCS、飼料用米を活用した発酵TMRによる牛乳の生産技術開発

課題番号2011018356
研究期間2010-2014
年度2011
中課題稲・麦WCS、飼料用米を活用した発酵TMRによる牛乳の生産技術開発
摘要飼料稲・飼料麦2毛作の推進は水田粗飼料の増産および通年給与に寄与するが、コムギWCSの乳牛への給与データは多くない。そこで、コムギWCSを主な粗飼料源とした発酵TMRの給与が乳生産等に及ぼす影響を、輸入乾草を主な粗飼料源としたTMRと比較検討した。その結果、コムギWCSを全飼料中約30%混合した発酵TMRの給与により、輸入チモシー乾草を同じ割合で混合した発酵TMRの給与と同等の飼料摂取量や乳生産が得られ、コムギWCSは輸入チモシー乾草の代替として泌乳牛に利用可能であることを明らかにした。
予算区分委託プロ[国産飼料プロ]
業績(1)加工処理した飼料用籾米は全乳期を通して乳牛用飼料中に25%混合できる
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175325
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat