発酵TMR素材としての高タンパク質自給飼料の低コスト調製・給与技術の開発a. 栽培調製

発酵TMR素材としての高タンパク質自給飼料の低コスト調製・給与技術の開発a. 栽培調製

課題番号2011018378
研究期間2010-2014
年度2011
中課題発酵TMR素材としての高タンパク質自給飼料の低コスト調製・給与技術の開発a. 栽培調製
摘要WCS用大豆の最適播種量と最適収穫時期を明らかにした。大豆WCSのタンパク質含量を向上させるための風選機を試作し、特許出願を行った。大豆WCSは,高タンパク質粗飼料として十分に利用可能であることを明らかにした。また、大豆植物体中のイソフラボン含量と品種,生育ステージとの関係を明らかにした。
予算区分委託プロ[国産飼料プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175347
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat