放牧認証取得による高付加価値化に向けた健全な放牧肥育素牛育成技術の高度化b. 放牧管理技術と衛生プログラムによる総合的なマダニ対策技術の高度化

放牧認証取得による高付加価値化に向けた健全な放牧肥育素牛育成技術の高度化b. 放牧管理技術と衛生プログラムによる総合的なマダニ対策技術の高度化

課題番号2011018392
研究期間2010-2012
年度2011
中課題放牧認証取得による高付加価値化に向けた健全な放牧肥育素牛育成技術の高度化b. 放牧管理技術と衛生プログラムによる総合的なマダニ対策技術の高度化
摘要牧野のマダニ生態に及ぼす殺ダニ剤使用状況、野生動物侵入、放牧管理方法などの影響について昨年に引き続き7カ所の放牧場について調査を行った。その結果、放牧条件や殺ダニ剤の使用状況と牧野でのマダニ採集数との関係から、マダニ対策としては、(1)放牧期間を通じた継続的な殺ダニ剤の使用、(2)休牧の有効性、(3)放牧草地単位面積あたりの殺ダニ剤使用量の考慮、(4)野生動物の侵入防止対策、が重要であることが示された。
予算区分委託プロ[国産飼料プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175361
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat