色米・飼料用米の迅速成分分析技術の開発

色米・飼料用米の迅速成分分析技術の開発

課題番号2011018403
研究期間2010-2012
年度2011
中課題色米・飼料用米の迅速成分分析技術の開発
摘要全国各地域で2009年度に栽培された飼料用米を118点を収集し、一般成分分析(水分、粗たんぱく質、粗灰分)、デタージェント分析およびデンプン、アミロース、アミロペクチンについて分析した。NIRS分析では、無粉砕試料による測定を行い、粉砕試料と同等の分析精度が得られ、実用面で応用できることを明らかとした。
予算区分委託プロ[国産飼料プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175372
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat