新規乳酸菌を活用した高品質発酵飼料の安定貯蔵技術の開発

新規乳酸菌を活用した高品質発酵飼料の安定貯蔵技術の開発

課題番号2011018409
研究期間2010-2014
年度2011
中課題新規乳酸菌を活用した高品質発酵飼料の安定貯蔵技術の開発
摘要低温殖性の優れた乳酸菌株を選抜するため、生理生化学的性状および16S rDNA配列解析の結果に基づき、分離株の同定解析を実施した。さらに、分離株の低温増殖性を検討するため、MRS液体培地を用いて4-15℃で培養試験を行った。本研究により、サイレージ等の国産自給飼料より乳酸菌を数百株分離することに成功した。その一部の菌株について系統学的分類・同定を行うと同時に、サイレージ発酵環境にも関係する至適生育温度・pH等の生理生化学的性状解析を実施し、有用な乳酸菌株を取得した。分離株を用いた15℃、10℃、4℃に設定された段階的な選抜試験により、低温増殖性の高い数菌株を得ることに成功し、16S rDNA配列解析により、低温増殖性の高い乳酸菌株として、L. plantarum subsp. plantarum及びL. curvatus、L. sakei subsp. carnosus、W. hellenica、Leuconostoc mesenteroides subsp. dextranicumを得た。
予算区分委託プロ[国産飼料プロ]
業績(1)Natural populations of lactic acid bacteria associated with silage fermentation as determined by phenotype, 16S ribosomal RNA and recA gene analysis
(2)Genotypic and phenotypic characterization of lactic acid bacteria isolated from Italian ryegrass silage
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175378
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat