飼料用米リキッドフィーディングの飼料調製・給餌システムの開発

飼料用米リキッドフィーディングの飼料調製・給餌システムの開発

課題番号2011018420
研究期間2010-2014
年度2011
中課題飼料用米リキッドフィーディングの飼料調製・給餌システムの開発
摘要飼料用米リキッドフィーディングの飼料調製・給餌システムの開発として,(1)飼料用米・米ソフトソフトグレインの調製方法として湿式破砕ポンプ(ハスバーナー・ゼノア社製 KD80MS 5mmメッシュ)を用いて2種類のタンク(25Lと1000L)を使用した場合の粉砕工程における作業時間、消費電力についての調査。また試作湿式ハンマーミルシステムの設計,(2)昨年度試作した離乳子豚用の少量精密給餌システムを用いてた群飼養試験 について検討した。 試作湿式ハンマーミルの設計処理能力は500kgFM/h以上であり,破砕ポンプによる粉砕の計測処理能力約70kgFM/hの約7倍であった。試作子豚用リキッドシステムは,群飼養試験の結果からドライ給餌と同様の増体と高精度の給餌が可能であることが確認できた。
予算区分委託プロ[国産飼料プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175389
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat