有色素米等の機能性を活用した繁殖豚の暑熱ストレス低減技術の開発

有色素米等の機能性を活用した繁殖豚の暑熱ストレス低減技術の開発

課題番号2011018426
研究期間2010-2014
年度2011
中課題有色素米等の機能性を活用した繁殖豚の暑熱ストレス低減技術の開発
摘要暑熱環境下の種雌豚にトウモロコシ主体の対照飼料、あるいは、食用米「ヒノヒカリ」、赤米「夕やけもち」、紫黒米「朝紫」をそれぞれ50%配合した飼料を2.2kg制限給与して、酸化ストレスマーカーの短期変動を調査した。紫黒米を50%配合した飼料を給与すると、対照飼料や、食用米、赤米をそれぞれ配合した飼料を給与した場合と比較して、摂食開始1時間後に血漿抗酸化能が有意に上昇することを明らかにした。
予算区分委託プロ[国産飼料プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175395
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat