積雪湿田地帯における水田高度化技術の開発

積雪湿田地帯における水田高度化技術の開発

課題番号2011018519
研究期間2010-2014
年度2011
中課題積雪湿田地帯における水田高度化技術の開発
摘要水稲栽培圃場において中干し期から出穂期前の土壌水分が比較的低く推移し、収量・品質に影響を与えた可能性が示唆された。大豆栽培圃場においては栄養生長期における排水効果により総節数の増加が認められたが、子実肥大期における効果は判然としなかった。転換畑において農家でも簡易にできる簡易地下水位測定方法を開発した。地下水位制御システム導入農家について経営拡大をシミュレーションするための基礎的データを得た。
予算区分委託プロ[水田プロ]
業績(1)ダイズ圃場における地下水位の簡易測定法
(2)圃場地下水位の簡易測定法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175484
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat