重粘土地域2年3作体系における省力低コスト栽培技術の確立と実証

重粘土地域2年3作体系における省力低コスト栽培技術の確立と実証

課題番号2011018542
研究期間2010-2011
年度2011
中課題重粘土地域2年3作体系における省力低コスト栽培技術の確立と実証
摘要1ha標準区画・両側低段差農道整備地域にある大規模水田作経営を普及目標とし、費用最小の経営規模は約60haである。作付構成は水稲約40ha、大麦約10ha、大豆約20ha(単作10ha、麦後10ha)である。費用は全体で約35%削減となった。エア-アシスト水稲播種は2ha/hの高能率で作業ができ、労働時間は目標達成で約5.5時間/10a、収量は目標を若干下回る。大麦は大豆用畝立て播種機の利用により湿害軽減もあり1割増収。大豆狭畔畝立て栽培は適期播種が可能となり収量・労働時間ともに目標達成、特に収量は約3割増収した。水稲は削減できたが、大麦・大豆では償却費が増加した。
予算区分委託プロ[水田プロ]
業績(1)エアーアシスト水稲湛水条播を核とした作業体系の規模拡大と費用低減効果
(2)北陸地域における耕うん同時畝立て播種技術がオオムギの生育・収量に及ぼす影響
(3)鳥害回避に関連する鉄コーティング種子の硬さ、種子表面の色差および発芽特性 −異なる種子予措程度、コーティング資材およびコーティング量での比較−
(4)水田作経営における耕うん同時畝立て播種作業機の大麦−大豆作汎用利用技術導入の評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175507
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat