大型トラクタのロボット化

大型トラクタのロボット化

課題番号2011018577
研究期間2010-2012
年度2011
中課題大型トラクタのロボット化
摘要1 「トラクタハードウェアの改造」においては、本プロジェクトで購入したホイールタイプトラクタ ヤンマーEG83に自律走行可能とするためのセンサ・アクチュエータなどを搭載し、ロボットトラクタのハードウェアを開発した。2 「トラクタ制御ユニットの開発」においては、新ホイールタイプトラクタに搭載したセンサ・アクチュエータの計測・制御を行い、車両制御系ミドルウェアとのインタフェースとなるトラクタ制御ユニットを開発した。制御ユニットは、トラクタ内部の通信系と外部制御機器との通信ゲートウェイとして動作し、国際標準規格・ISO-BUSにも対応できるものとした。3 「走行制御ソフトウェアの開発」においては、(1)車両内通信系を介してトラクタの走行制御を行い、ユーザインタフェースとして機能するソフトウェアを開発した。(2)プロジェクト内でのプロトコル共通化を目指したソフトウェア構成を検討し、新制御ユニットの組み込みソフトウェアでの対応を図った。
予算区分委託プロ[アシストプロ]
業績(1)Development of Land Based Autonomous Agricultural Production System on Rice, Wheat and Soybeans
(2)Automatic Steering System for Electronic Robot Vehicle
(3)Robot Farming System Using Multiple Robot Tractors in Japan Agriculture
(4)Development of an Automatic Navigation System using Laser Range Finder in the Paddy Field
(5)Motion Detection and Tracking Using the 3D-camer
(6)Development of an Automatic Navigation System using Laser Range Finder in the Paddy Field- Development of Robot Vehicle Application in Real Time
(7)Development of an Obstacle Recognition System for a Field Robot using a 3D-camera
(8)Omni-directional Moving Objects Detection based on the Optical Flow Field Image
(9)Development of Robot Tractor
(10)Autonomous Navigation System of Crawler-Type Robot Tractor
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175536
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat