省エネルギーのための多目的ヒートポンプシステムを用いた総合環境制御技術の開発

省エネルギーのための多目的ヒートポンプシステムを用いた総合環境制御技術の開発

課題番号2011018592
研究期間2010-2014
年度2011
中課題省エネルギーのための多目的ヒートポンプシステムを用いた総合環境制御技術の開発
摘要(1) 床面積1000 m2のプラスチック・ハウスを対象にして、冬期における期間暖房費を算定した結果、ヒートポンプ暖房費は、COPが3で灯油価格が100円/Lの時、灯油暖房費に比較して、2325円/d、28万円/冬だけ低いことがわかった。(2) 夏季におけるヒートポンプ夜間冷房の試験を、室内設定気温(Tin) が18oC、外気温(Tout) が20oC〜26oCの条件で実施し、ヒートポンプの成績係数(以下、COP)が約8であることを示した。この冷房時COPは、室温が18℃で外気温が0〜−5℃のときの暖房時COPに比較して、約2倍であった。また、低暖房負荷時における、ヒートポンプの台数制御の重要性を示した。冷房時COPは、室温が18℃の時、室内空気の絶対湿度の増大につれて増大した。(3) ヒートポンプ冷房時における蒸発器の結露量は、かん水量の15〜25%であった。(4) 人工光型植物工場における冷房時のCO2収支のもとづいて、CO2施用効率を算定した結果、83%であった。 結果の要約(1) 冷房時におけるヒートポンプの成績係数(COP)を求め、平均8を得た。この結果、実験条件下では、ヒートポンプ冷房時のCOPは、暖房時COPの約2倍であることが示された。ヒートポンプ冷房時における蒸発器の結露量は、かん水量の15〜25%であった。また、人工光型植物工場におけるヒートポンプ冷房時のCO2収支のもとづいて、CO2施用効率を算定した結果、83%であった。
予算区分委託プロ[アシストプロ]
業績(1)Greenhouse heating using heat pumps with a high coefficient of performance (COP),
(2)Reductions in Energy Consumption and CO2 Emissions for Greenhouses Heated With Heat Pumps
(3)Integrative environmental control using heat pumps for reductions in energy consumption and CO2 gas emission, humidity control and air circulation.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175551
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat