正確な着脱容易な筋電位センサの開発

正確な着脱容易な筋電位センサの開発

課題番号2011018604
研究期間2010-2013
年度2011
中課題正確な着脱容易な筋電位センサの開発
摘要昨年度開発した8ch無線式から、今年度1chごとの無線式の筋電位センサを開発した。果物の上向き収穫などの軽作業(〜5kg)用のアシストスーツを着用した状態で、筋電位を正確に計測でき着脱が容易になった。この筋電位センサの信号により、上向き収穫作業や歩行にアシスト効果が確認できた。米袋や収穫物コンテナの運搬などの重作業(10〜30kg)用のアシストスーツを着用した状態でも、筋電位を正確に計測でき、着脱が容易であった。この筋電位センサの信号により、米袋や収穫物コンテナの運搬や歩行にアシスト効果があることを確認できた。
予算区分委託プロ[アシストプロ]
業績(1)A Study on Power Assist Suit Using Pneumatic Actuators Based on Calculated Retaining Torques for Lift-up Motion
(2)農作業の負担低減!和歌山大学の『パワーアシストスーツ』
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030175563
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat